良いお尻をしたナローPorsche 911E

Porscheファンのみならず、クラシックカー好き、車好きなら憧れの「911E」、通称「ナローポルシェ」。

「カミソリエンジン」とも言われるシルキーでレスポンスが気持ち良いビンビンなキャブレターエンジン搭載車両に、良い女、とも表現される後ろ姿が魅力の一台です。

ナローポルシェの魅力:造形美そして空力性能

クラシックカーの値段は年々上がってきています。その中でも、ナローポルシェはかなりの人気車種で、非常に高価です。

なんと言ってもその外見。

当時の技術では、求めるコーナリング性能に至らず、それを補う為に空力性能を徹底的に高めた滑らかなボディ形状に造形されています。

そのボディを後ろから見た人は皆口を揃えてこう言うんです、「良いお尻してる」。実物を見たら皆がそう思います。

これは世界共通で皆が思っており、私が前職の仕事の出張でドイツのエッセンで年に1回開かれる世界3大クラシックカーイベントに行った時には、こんな絵がありました。

Porsche911と良いお尻

良いお尻をしてるという表現は、ナローポルシェのみならず、911全般に当てはまる表現です。
911を眺めていると、まるで良い女に見えてきてしまうぐらい綺麗な形状をしているんですよね。

たまらない!!

ナローポルシェのエンジンと運転フィーリング

通称【カミソリエンジン】

アクセルを踏み込むと、現代の車ではあり得ないぐらいの速度で、レッドゾーンまで回ってしまうレスポンスの良さ。

当時でも「カミソリエンジン」と呼ばれる程、大変高性能な空冷エンジンです。

空冷エンジンの「乾いた音」と「極上のレスポンス」、一度味わってしまうと病みつきになります。

ナローポルシェ・エンジン

運転フィーリング

足回りは硬くはないのに、軽量でコンパクトなボディのおかげでロールがほとんどありません。

現代の車に標準装備されている「横滑り防止機能」「ABS」「パワーステアリング」等がない為、純粋なハンドリング操作を楽しめます。

踏み込めば「カミソリエンジン」がガンガン後ろから押し出してくる。

運転していてアドレナリンが溢れ出る感覚です。とにかくワクワクしてしまう、そんな運転フィーリングがナローポルシェの魅力です。

ポルシェ911Eのメンテナンス

日本の気候への弱さ

ドイツのクラシックカーということで、少なからず日本の高温多湿の気候に弱い点が目立ちます。
具体的には、電装系部品の腐食、内装の腐敗、当時の革製品やゴム製品の劣化があります。

年式相応の部品箇所は、やはり故障が多いです。これは仕方ありませんが、一度部品交換または修理を行えば、それなりに長く持ちます。

Porsche911E内装

エンジンオイルに関するポイント

エンジンオイルシール部の劣化によるオイル漏れが目立ちますので、定期的なメンテナンスが必須です。

また、空冷ポルシェの場合、特に拘って頂きたいのがエンジンオイルです。オイルの質によってエンジンの性能、オイルが漏れるか漏れないかなどに左右されるのでしっかり選ぶ必要があります。

ドライサンプ式エンジン

空冷ポルシェや水冷ポルシェのGT系、turbo等のスペシャルモデルは、オイルパンが無く、オイルタンクにエンジンオイルをストックするタイプの「ドライサンプ式エンジン」です。このエンジンの場合、オイル添加剤を添加しても、エンジンオイルより比重が重いため、オイルタンクの底に停滞するだけで機能しません。

ですので、空冷ポルシェの場合は、漏れを防ぐ為に「硬め」で「質が良い」エンジンオイルの使用を推奨します。

おすすめエンジンオイル

私が空冷ポルシェに扱ったエンジンオイルの中では「LIQUIMOLY(リキモリ)製」と「REPSOL(レプソル)製CARRERAカレラ」というオイルが相性が良かったです。

ドライサンプ式エンジンのメリット

オイルパンが付いている車両は、坂道やコーナー走行時に重力や遠心力でエンジンが傾むくため、オイルパンの中のエンジンオイルが吸われないことがあります。(ストローを指したボトルの飲み物を想像してみてください。)

それによって、エンジンオイルの循環が一瞬途切れ、エンジンにダメージを与えてしまう場合があります。

そのデメリットを解消させるのがドライサンプ式です。

傾斜や重力(G)に左右されずに、エンジンがどう傾いても、オイルタンクから常にエンジンオイルをエンジンへ循環させられるます。

出張オーディオ取り付け

溢れるばかりの魅力とポルシェ愛のため、前置きが長くなりましたが、今回、Porscheメカニック歴10年超の私が作業を実施したのは、オーディオの取り付けです。

その様子や手順を説明します。

クラシックカーに見合う米RetroSound製オーディオ

取付けを実施したオーディオは、クラシックカーにピッタリな見た目のレトロサウンド製(USA製)。クラシックカーの雰囲気を損なわずに最新の機能が使えるクラシックカー乗りのユーザー様にとてもおすすめのオーディオです。

見た目はレトロだが機能は最新

見た目はレトロですが、機能はブルートゥースやUSBも使える最新の性能!機能も拡張できサブウーファー、Bluetooth通話も使えます。

購入時にはパネルやトグルノブは色々な種類がありご自身の車に合ったタイプを選択できどんな車にも合うラインナップがあります。 是非クラシックカー乗りのユーザー様はレトロサウンド製のオーディオを検討してみてください。

RetroSoundのオーディオ

RetroSoundのオーディオ_2

取付の難易度は高め

取付難易度は高く、DIYではかなりハードルが高い製品です。プロのメカニックに依頼することが無難でしょう。

工具や配線隠しの難しさ

USA製のオーディオなだけに使用する工具はインチ工具。また、取付ける際には車種によっては配線を隠す場所に限りがあり、加工が必要です。

今回使用した工具

  • プラスドライバー
  • ベビープラスドライバー
  • ベビーマイナスドライバー
  • ニッパー
  • 電工ペンチ
  • 検電ペン
  • 各種インチスパナ

メカニックの作業後記

今回作業を担当した私は、10年以上に渡り、ポルシェの正規ディーラーや専門店にて、最新車種含め沢山のポルシェの整備・修理に携わってきました。そして、ポルシェの大ファンでもあります。

そんな私からして、Porscheのクラシックカーは「味があり」そして「カッコいい」!

現代の車には無い魅力がいっぱい詰まってます。当時から今まで、どれだけの数のユーザーを魅了してきたのか。その魅力により、今も大切に乗られている情熱溢れるオーナー様がいらっしゃる。

1台1台のクラシックカーには、濃いストーリーがあり、それぞれに個々の味があります。その中でもナローポルシェはの存在は別格です。

出張整備を御用命いただき、大切なお車を担当したメカニックとして大変光栄に思います。

ありがとうございました!!

【PR】 Seibiについて

最後に宣伝です。

Seibii(セイビー )では、国家資格を有する整備士・メカニックがお客様のご自宅や職場の駐車場にお伺いし、その場でお車の整備、修理、パーツ取り付けを行います。

お車へのドライブレコーダー、ETC、カーナビといった取り付けから、車の故障診断、バッテリー上がり、バッテリー交換、窓ガラスの油膜取りと撥水加工コーティング、タイヤの付け替えと幅広く実施しています。

また、国産車から外国車・輸入車、クラシックカーまで対応可能な経験豊富なメカニックが沢山在籍しています。

◼️Seibiiの出張整備メニュー

カー用品店やディーラーと往復する時間を省いて、お客様の趣味や家事などにご活用いただけます。
また、出張なのに、安価で、プロのメカニックが作業することから高品質のサービスを提供しております。

お客様からのレビュー・評価

◼️Seibiiをご利用頂いたお客様の評価と声
◼️SeibiiのGoogleレビュー

お車のことで何かありましたら、是非、お気軽にご連絡ください!

整備士・整備工場の方々へ

また、一緒に働く整備士・メカニック、整備工場やガレージ経営者の仲間も募集しています!
整備士の未来を作る! お気軽にご連絡ください!

◼️整備士の方々へ