みなさん、自分のクルマに適合するバッテリーは分かりますか?

インターネットでバッテリーを買おうとしても、サイズがイマイチ分からない、このバッテリーは自分のクルマに合うの?買って、もし付かなかったらどうしよう、などお困りではないでしょうか?

そんな方の為に、国産車の超簡単なバッテリー適合の見方をお教えします!

パナソニック、GSユアサ、ボッシュの適合表を使用して、どうやって選べばいいか解説しているので、バッテリー選びで迷ったらこの記事を参考にしてみて下さい!

バッテリー形式(記号)の確認箇所

最初に、バッテリーに記載されている「形式(記号)」のどこを見れば良いのか、ポイントだけを纏めます。

バッテリー形式・記号

1.標準車(充電制御車含む)

確認するポイント : 最後の4文字
(例)〇〇B24L

標準車(充電制御車含む)の形式

2.アイドリングストップ車

確認するポイント : 同じローマ字! (※最後のRは無い場合があります)
(例)N-〇〇R

アイドリングストップ車の形式

3.ハイブリッド車

確認するポイント : 頭のS最後の4文字!
(例)S〇〇B24L

ハイブリット車の形式

これだけです!

ね、簡単でしょ!

次から、詳しい解説を行っていきます!

標準車(含:充電制御車)の適合バッテリー

標準車(充電制御車含む)のバッテリー表記は以下のようになっています。

46b24L--

最後の4文字を間違えない!

バッテリーのサイズを間違えない為に重要なことは「終わりの4つの記号」を間違えない事です。
上記の例でいうと、「B24L」を間違えない事です。

  • 「B」:バッテリーの奥行と高さ
  • 「24」:バッテリーの幅
  • 「L」:プラス端子の位置

を表しています。

これだけ間違えなければ、バッテリーは間違いなく取り付けることができます。

上記の例だと〇〇B24Lというバッテリーを選べば大丈夫です。

メーカー別適合表

それでは、パナソニック、GSユアサ、ボッシュの適合表を見てみましょう!
46B24L---1

  • パナソニック : 「N-80B24L/C7」
  • GSユアサ : 「ECT-50B24R(L)」と「ECT-60B24R(L)」
  • ボッシュ : 「PSR-55B24L

バッテリーサイズの表記の他に、メーカーごとの設定品番の記号が頭やお尻に付いているので分かりずらくなっていますが、重要なのは〇〇B24Lだけです。

ここだけ間違えなければ、バッテリーは100%装着できます。あとは、性能ランクと価格を比較して、自分に合うバッテリーを探すだけです!

気を付けたいのはGSユアサの表にあるように、R(L)の表記を間違えない事です。もし、間違ってRを購入すると取り付けることはできません。

むしろ、プラスとマイナスを間違えて取り付ける恐れがあります。もちろん逆もそうです。
例えば〇〇D23Rを探していて、〇〇D23Lを購入してしまうと車両に取り付けることはできませんので、注意が必要となります。

アイドリングストップ車の適合バッテリー

アイドリングストップ車のバッテリー表記は「ローマ字」と「数字」の組み合わせになっています。

  • 最初のローマ字 : サイズ
  • 数字 : 性能ランク
  • 最後のR : 「+端子」が右側に付いているという表記です。「+端子」が左側に付いているバッテリーには何も表記されません。

例)N-80

アイドリングストップ車の適合バッテリー

バッテリーを購入するときには「同じサイズ区分」と端子の位置、つまり「最後のローマ字」だけに気を付ければバッテリーの選択を間違うことはありません!

この場合だと、N-〇〇Rというバッテリーを買えば、100%装着することができます。

性能ランク

性能ランクは数字が大きくなるとバッテリーの容量が増えていきます。
ですので、N-〇〇Rのバッテリーの中で、価格と数字のバランスが良いバッテリーを購入すれば良いことになります。

それでは実際に適合表を見てみましょう!
N-80---1

パナソニックとボッシュは、まだ分かりやすいですがGSユアサの表は分かりづらいですね。
赤枠で囲ったところが今回探している適合バッテリーとなります。数字とローマ字が増えましたが、惑わされていはいけません!

私たちが探すのはN-〇〇Rです!

  • パナソニック : 「N-N80R/A3」
  • GSユアサ : 「ER-N-65R/75B24R」
  • ボッシュ : 「HTP-N-55R/80B24R」

気を付けるのはN-〇〇です。Nの記号は同じですがRがありません。

パナソニックの表だと「N-N80/A3」というのがすぐ上にあります。
これは「+端子の位置が左側」にあるので、取り付けることはできません!

ハイブリッド車の適合バッテリー

ハイブリッド車のバッテリー表記は以下の通りとなります。先に説明した標準車の表記とほとんど変わりません。違いは頭に「S」が付いている事です。

--S46B24L--

頭のSの意味:排気構造 - ガスの問題

このSの意味は、「排気構造」を持ったバッテリーを表しています。

通常のバッテリーは、充電時に「ガス」が発生します。ですが、ハイブリッド車以外のクルマは、通常、エンジンルームにバッテリーが置いてあるので、問題にはなりません。

一方で、ハイブリッド車の場合、バッテリーは車内(多くはトランクのスペース)に置いてあります。(ハイブリッド車のバッテリーは直接エンジンに作用しません。ハイブリッドシステムに電気を供給する役目を持っているので、トランクにバッテリーがある方が無駄がないんですね!)

その為、ハイブリッド車のバッテリーは、ガスが車内に充満しない構造となっています。

バッテリーからのガスの発生は「ゼロにできない」ため、ガスを車外に排出できるように、バッテリーに排出口が付いています。また、車両側にもガスを外へ排出するホースがあり、バッテリーに繋ぐことができるようになっています。

つまり、ハイブリッド車に通常のタイプのバッテリーを装着すると、車内に水素ガスが充満する恐れがある為、大変危険です。

ハイブリッド車には専用バッテリーを装着しましょう!


Seibii(セイビー )では、国家資格を有する整備士・メカニックがお客様のご自宅や職場の駐車場にお伺いし、その場でお車の整備、修理、パーツ取り付けを行います。

お車へのドライブレコーダー、ETC、カーナビといった取り付けから、車の故障診断、バッテリー上がり、バッテリー交換、窓ガラスの油膜取りと撥水加工コーティング、タイヤの付け替えと幅広く実施しています。

◼️Seibiiの出張整備メニュー

カー用品店やディーラーと往復する時間を省いて、お客様の趣味や家事などにご活用いただけます。
また、出張なのに、安価で、プロのメカニックが作業することから高品質のサービスを提供しております。

◼️Seibiiをご利用頂いたお客様の評価と声
◼️SeibiiのGoogleレビュー
◼️ミツモアのSeibiiレビュー
◼️グーピットのSeibiiレビュー

お車のことで何かありましたら、是非、お気軽にご連絡ください!

また、一緒に働く整備士・メカニック、整備工場やガーレジ経営者の仲間も募集しています!
整備士の未来を作る! お気軽にご連絡ください!

◼️整備士の方々へ