こんちには、Seibiiメカニックの野仲です。

車のバッテリー交換の正しいやり方をご存じでしょうか?

自分でバッテリー交換をする方も多くいますが、プロの整備士が確認すると、正しく取り付けられていないことが多々あります。

バッテリー交換は決して難しい作業ではありませんが、気を付けるポイントがいくつかあります。
実際、車のバッテリー交換は、端子を取り外す順番などを間違えると、ショートを起こす危険な作業です。

そこで、バッテリーの正しい取り付け手順と作業ごとの注意点を纏めました。

バッテリー交換を行う際には参考にしてみて下さい!

取り付け手順

手順は以下の通りです

1.バックアップ電源を確保する

2.バッテリーのマイナス端子を取り外す

3.バッテリープラス端子を取り外す

4.バッテリーのステーを取り外す

5.バッテリーを交換する

6.バッテリーのをステー取り付ける

7.バッテリーのプラス端子を取り付ける

8.バッテリーのマイナス端子を取り付ける

9.バックアップ電源を取り外す

使用する工具

1. ショートめがねレンチ

Seibiiのメカニックが使用している工具は、KTCのメガネレンチです。自動車整備士の間では最もメジャーで信頼できる工具の1つです。

Amazonへのリンク

2. バックアップ電源

バックアップ電源に関しては、お手頃なお値段で購入することができます。Seibiiの整備士がよく利用しているバックアップ電源はこちらです。

Amazonへのリンク

それでは、バッテリー交換の手順を1から順に解説して行きます。

ステップ➀バックアップ電源を確保する

バッテリーを交換する際にまず行いたいのは、このバックアップ電源の確保です。

このバックアップ電源の確保は必ず行わなければならない作業ではありません。
例えば、すでに、バッテリーが上がってしまっている場合は、このバック電源確保を行う必要はありません。
しかし、弱っているバッテリーを交換するのならば、バックアップ電源確保は行った方が良いでしょう!

バックアップ電源は主に以下の部品に電気を供給します。

・ECU(エンジンコントロールユニット)
・ボディーコンピューター
・ナビ/オーディオ
・時計

バックアップ電源を取らないと、これらの部品の設定がリセットされてしまいます。
特にECUはエンジンの状態を絶えずチェックし補正している部品です。
これがリセットされてしまうと、今までECUが補正していたものがゼロになってしまい、アイドリング回転数の上昇や燃費の悪化などを招きます。

これら無用なトラブルを避けるために、バックアップ電源を確保を行います。

バックアップ電源の取り付けは、商品によって異なるので、説明書をよく読み、取り付けます。

ステップ➁バッテリーのマイナス端子を外す

バッテリー交換をする際に悩むのが、先にどちらの端子から外せば良いのか分からなくなってしまうことです。

バッテリーを取り外す際に、先に取り外すのはマイナス端子からです。

もし、プラス端子から取り外そうとして、そのねじを緩めている工具が金属に触れた瞬間にショートしてしまいます。
くれぐれも間違いが無いように作業しましょう!

ステップ➂バッテリーのプラス端子を取り外す

マイナス端子を取り外した後はプラス端子を取り外します。

ねじを緩めても端子が外れない場合は、端子を少し揺する、もしくはマイナスドライバーなどで端子をこじると端子が緩みます。

無理やり端子を外そうとすると、バッテリーの端子が折れる事もあるので気を付けて取り外しましょう!

ステップ➃バッテリーのステーを取り外す

まずはナットを緩めます。
この時に、ナットをフックから取り外してしまうと、フックがエンジンルームの中に落ちてしまうので、ナットは緩めるだけにします。そして、ボディーに引っかかっているフックを外します。
次にステーを固定しているボルトを取り外します。
そうするとバッテリーのステーが取り外せます。

---1

ステップ➄バッテリーを交換する

古いバッテリーを取り外し、新しいバッテリーを置きます。
バッテリーを交換するときにバッテリーを斜めにすると、中の希硫酸が漏れることがあります。
また、取っ手が無いバッテリーを置くときは、指を挟まないように気を付けましょう!

ステップ➅バッテリーのステーを取り付ける

バッテリーのステーを置き、ボルトを取り付けます。
後で、バッテリーの位置を調整するので、ボルトは手で軽く締め付けるだけにします。
次にフックをボディーに引っ掛けます。そして、フックを引っ掛けた状態を手で保持しながらナットを仮締めします。
バッテリーの位置を調整し、ナットとボルトを締め付けます。
バッテリーを手で揺すってみて、動かない程度に締め付ければ問題ありません。
ナットを締め付け過ぎると、フックに負荷が掛かるので、注意が必要です。

ステップ➆バッテリーのプラス端子を取り付ける

プラスの端子から取り付けます。
端子を取り付ける際、端子は奥まできちんと入れるようにしましょう。

端子が奥まで入らない場合は、無理して取り付けず、一度端子を取り外して端子を広げます。
それでも、奥まで入らない場合はハンマーの柄などを使用し、軽く端子を叩いて奥まで入れます。
ただし、強く叩くと端子が折れてしまう危険性があるので、軽く叩くようにします。
また、プラス端子をグリグリと動かすと、バッテリーの端子が削れてしまうので気を付けて取り付けましょう!

端子の締め付けは、端子を手で揺すって動かなければ問題ありません。
ここでもナットの締めすぎに注意しましょう!
端子を締め付けたら、忘れずにプラス端子のカバーを被せてください。

bitmap1-1

ステップ➇バッテリーのマイナス端子を取り付ける

プラス端子と同様に取り付けます。

ステップ➈バックアップ電源を取り外す

バックアップ電源を取り外します。

以上が、車のバッテリー交換の正しい手順になります。


最後に宣伝です。

Seibii(セイビー )では、国家資格を有する整備士・メカニックがお客様のご自宅や職場の駐車場にお伺いし、その場でお車の整備、修理、パーツ取り付けを行います。

お車へのドライブレコーダー、ETC、カーナビといった取り付けから、車の故障診断、バッテリー上がり、バッテリー交換、窓ガラスの油膜取りと撥水加工コーティング、タイヤの付け替えと幅広く実施しています。

◼️Seibiiの出張整備メニュー
Seibii(セイビー )のバッテリー交換

カー用品店やディーラーと往復する時間を省いて、お客様の趣味や家事などにご活用いただけます。
また、出張なのに、安価で、プロのメカニックが作業することから高品質のサービスを提供しております。

◼️Seibiiをご利用頂いたお客様の評価と声
◼️SeibiiのGoogleレビュー
◼️ミツモアのSeibiiレビュー
◼️グーピットのSeibiiレビュー

お車のことで何かありましたら、是非、お気軽にご連絡ください!

また、一緒に働く整備士・メカニック、整備工場やガーレジ経営者の仲間も募集しています!
整備士の未来を作る! お気軽にご連絡ください!

◼️整備士の方々へ