新型コロナ(COVID-19)と車の整備・修理業

新型コロナ(COVID-19)が、私たちの生活に大きな影響を及ぼしています。外出自粛制限により、経済活動が最低限に抑えられている一方で、政府は、国民の生活や安全を守る業種に対して、事業継続要請を出しています。

車の整備業は「事業継続要請」事業

2020年3月28日付け政府の発令にて、車の整備業は、「国民の安定的な生活の確保」の為の重要な産業として、スーパーなどと共に「事業の継続を求める」との要請が出ています。

以下事業者等については、「三つの密」を避けるための取組を講じていただきつつ、事業の継続を求める。
3.国民の安定的な生活の確保
⑩個人向けサービス(ネット配信、遠隔教育、ネット環境維持に係る設備・サ
ービス、自家用車等の整備等)

(一社)日本自動車整備振興会連合会、(一社)日本自動車販売協会連合会から「自動車整備業に携わる皆様へ」とのタイトルでメッセージが出ています。

尚、緊急事態宣言は2020年4月7日に発令されていますので、3月はその前の状態となります。

整備業の仲間のみなさん、一緒に頑張りましょう!

弊社にも「車の調子が悪い(異音がする)」「車が動かない」といったご連絡が増えています。これらに正しく対応できるのは整備士だけです。

社会の安全と皆様の生活を守る為、三密回避を徹底しつつ、車の整備・修理、頑張りましょう!

2020年3月概況

3月の車の整備業・修理業・アフターマーケット界隈への影響は3つに集約されます。

  1. 「暖冬・降雪不足」によるタイヤ周りの売上減少
  2. 「新型コロナ」による外出自粛制限による一般整備・修理売上減少
  3. 「新型コロナ-車検期限伸長」による車検整備売上減少

車検期限延長

新型コロナ感染リスクを抑える為、国土交通省が複数回に渡り、自動車車検証の有効期間を伸長しています。

例年、3-4月は車検対象車両が多いことから、多くの車検関連整備工場は繁忙期となります。従い、多くの車検関連業者が、昨年同月比での売上減となっています。オートバックス社の発表によると、車検・整備部門の台数・売上共に前年比割れ(台数▲15.9%、金額▲10.7%)となりました。

ロードサービス(救援)

全国的な暖冬・降雪不足の影響が引き続き見られた月でした。ロードサービス・救援関連では、昨年同月比で件数が増加、

カー用品等

他生活雑貨同様、車関連用品も、ウイルス対策用品が好調に売れています。特に社内用のウェットティッシュは前年比5倍以上の大幅伸張となっている。

総救援出動件数

  • 全国JAF総救援出動件数:166,868件
  • 2020年2月比:+0.94%
  • 2019年3月比:▲5.91%

件数前提

  • JAF救援実施件数(一般道路・四輪自動車)
総救援出動件数推移

バッテリー上がり(過放電)

  • 全国バッテリー上がり件数:64,573件
  • 2020年2月比:+1.62%
  • 2019年3月比:▲2.67%

件数前提

  • JAF救援実施件数(一般道路・四輪自動車)
バッテリー上がり件数推移

タイヤのパンク・バースト・エア不足

  • 全国のタイヤのパンク・バースト件数:28,279件
  • 2020年2月比:+8.75%
  • 2019年3月比:▲8.36%

件数前提

  • JAF救援実施件数(一般道路・四輪自動車)
タイヤのパンク・バースト・エア不足件数推移

バッテリーの劣化・破損(要バッテリー交換)

  • 全国バッテリ−劣化・破損件数:9,963件
  • 2020年2月比:▲14.58%
  • 2019年3月比:+13.86%

オートバックスのバッテリー販売売上

バッテリーの劣化・破損はバッテリー交換が必須です。従い、新品バッテリーの売上と連動します。アイドリングストップ車用バッテリーが好調を維持しているものの、3月中旬以降は「新型コロナによる外出自粛の影響」で販売量に影響が出ているとのこと。

  • バッテリー販売量は2019年3月比+1.4%と増加

(参考)2019年10-12月のバッテリー売上

  • 28億97百万円

件数前提

  • JAF救援実施件数(一般道路・四輪自動車)
バッテリーの劣化・破損件数推移

オルタネーター・ダイナモ故障

バッテリー上がりの主要原因の1つであるオルタネーター(発電機)の故障です。

  • 全国のオルタネーター・ダイナモ故障件数:2,058件
  • 2020年2月比:▲12.09%
  • 2019年3月比:▲11.25%

件数前提

  • JAF救援実施件数(一般道路・四輪自動車)
オルタネーター・ダイナモ故障件数推移

スターター・セルモーター故障

エンジンがかからない際の主要原因の1つです。

  • 全国のスターター・セルモーター故障件数:1,804件
  • 2020年2月比 : ▲4.30%
  • 2019年3月比 : ▲14.22%

件数前提

  • JAF救援実施件数(一般道路・四輪自動車)
スターター・セルモーター故障件数推移

スパークプラグ故障件数推移

  • 全国スパークプラグ故障故障件数:2,557件
  • 2020年2月比 : +3.56%
  • 2019年3月比 : +24.91%

件数前提

  • JAF救援実施件数(一般道路・四輪自動車)
スパークプラグ故障件数推移

タイヤ・関連用品販売状況

  • 暖冬・降雪不足の影響が継続。
  • タイヤの販売量は2019年3月比で▲13.7%

(参考)2019年10-12月の売上
174億51百万円(タイヤ)
34億9百万円(ホイール)

前提

  • オートバックスの店舗売上

ドライブレコーダー販売状況

  • カーアクセサリー・用品売上を牽引してきたドライブレコーダーは前年割れ
  • カーナビゲーション販売の低調継続
  • カーエレクトロニクス全体で、2019年3月比▲17.2%

(参考)2019年10-12月の売上

  • 94億61百万円(カーエレクトロニクス全体)

前提

  • オートバックスの店舗売上

エンジンオイル販売・交換状況

  • エンジンオイルの販売量は2019年3月比▲3.9%と減少。
  • 過去好調を維持してきたが、新型コロナによる外出自粛が原因か。

(参考)2019年10-12月の売上

33億48百万円(オイル販売のみ、交換工賃含まず)

前提

  • オートバックスの店舗売上

参照サイト

この記事は以下2つの情報を基に作成しています。この場を借りて、情報公開に感謝申し上げます。