ドライブレコーダーは、自分の身を守る為にも、是非とも車に取り付けたい必須のアイテムになりました。いざ、ドライブレコーダーを購入しようとカー用品店に足を運んだり、インターネットで検索すると、沢山のメーカーの多種多様なドライブレコーダー商品が並んでいます。種類のみならず、5,000円で買えるものもあれば、30,000円を超えるものもあり、消費者を悩ませます。

私たちSeibii(セイビー )は、沢山のお客様のお車に、様々な種類のドライブレコーダーを取り付けてきました。

その結果、「事後不良・初期不良が起こりやすく正直お客様にはオススメできない製品」や「品質が高くトラブルも起きないことからオススメできる製品」の知識が溜まってきました。

国家資格を有する整備士の観点から、本当にオススメできるドライブレコーダー、また、品質面から要注意のドライブレコーダーを纏めました。

ドライブレコーダーの選び方の基準

値段でスクリーニング

撮影出来ていれば、画質や性能をそこまで気にしないという方は、30,000円もするドライブレコーダーを買う必要はありません。

だからと言って、格安の前後ドライブレコーダーを購入すると、初期不良や取付後、すぐに不具合がでるケースが頻発しています。

結論から言うと、基本は「15,000円以上」の「国産ブランド」が品質トラブルが少なく、オススメになります。安いドライブレコーダーを買っても、結局「安かろう、悪かろう」。品質が悪く、満足のいく結果が出ないと、結局コストは高くなりますよね。

機能でスクリーニング

ドライブレコーダーを取り付ける趣旨に照らして、以下4点を意識すれば間違いないドラレコを選ぶことができるでしょう。

1. SDカード付属を選ぶ

SDカードは、ドラレコ不具合の原因トップクラスにあげられる付属品です。SDカード付属の製品を選べば、メーカー保証が付いている為安心です。

2. リチウム電池は避けろ

リチウム電池は発火事故を起こし得ます。日本製は安全なキャパシタ(蓄電池)を採用しているケースが殆どです。

3. フレームレートを意識する

「信号機対応」などの記載があればok。記載が無い場合、信号機の「色(赤、青、黄)」が映らずに、重要な証拠が撮れ無いリスクがあります。

4. イベント録画機能付きを選ぶ

イベント録画機能とは、事故が起こったときに録画ファイルを別に保存してくれる機能の事です。これが無いドラレコの場合、せっかく撮った重要な映像が上書きされて消えてしまいます。

選び方のヒントとなる記事を別途纏めていますので、こちらもご参照ください。

ドライブレコーダーで多い不具合事例 : 6つ

私たちSeibii(セイビー)は、ドライブレコーダーの販売を行なっておらず、お客様がご購入されたドライブレコーダーの取り付けをお客様のご自宅やオフィスで行なっております。

後述する「オススメできない」ドライブレコーダーを取り付けた結果、残念ながら、実際に確認された取付後の不具合の事例を6つご紹介します。ここで取り上げている不具合はいずれも商品の品質に起因するもので、取り付けには問題ないことが確認されています。

1. 吸盤タイプ のドライブレコーダー

通常のドライブレコーダーは、フロントガラスに商品を貼り付けることでカメラを固定します。この際に、吸盤で商品を取り付けるタイプとテープで貼り付けるタイプがあります。前者の吸盤を使用する商品は概して貼り付きの力が弱く、前側のカメラが固定されずに、取り付けたドライブレコーダーが剥がれてしまう事例を複数経験しております。吸盤で取り付ける商品は、低価格のドライブレコーダーに多いようです。
また、吸盤タイプのものは、事故の衝撃で外れてしまいやすく、事故の瞬間の映像が撮れていなかったり、外れて落ちた衝撃でドラレコが故障してしまうなんてこともあります。

2. 貼り付けテープ・シールの品質が悪い ドライレコーダー

吸盤でなくシール(粘着テープ)でドラレコ本体をガラスに取り付ける商品は、吸盤タイプより良質と言えます。一方で、テープといっても商品によって品質が異なります。後述の「オススメのドライブレコーダー」に記載の商品の場合、分厚く粘着力が非常に強いテープで商品をガラスに固定することから商品が剥がれ落ちる心配をする必要は無いのですが、安価なドライブレコーダーの場合、薄い両面テープのことが多く、特に後側のカメラは、テープの品質が悪いと簡単に剥がれてします。テープを貼り付ける際には、取付面の油分を拭き取り貼り付けるのですが、安価なドラレコの両面テープを貼り付ける場合、十分に脱脂をしていても剥がれてしまいます。また、気温の変化によって両面テープが剥がれてしまいます。夏場は熱で両面テープが剥がれやすく、冬に取り付けたドライブレコーダーが夏場に外れてしまうことがよくあります。国産のドラレコメーカーは3M社の両面テープを使用していおり、1年を通して外れることが無いように考えられています。

3. 画像品質が悪い ドライブレコーダー

夜間の映像が不明瞭で、場所の判別が不可能なくらい画質が悪い商品も安価な製品に多い事例です。Sony製のセンサー使用を謳い文句にしている商品もありますが、あまり期待しない方が無難です。センサーやレンズ、映像処理チップがきちんと働いて良い映像が撮影できます。センサーだけ良くてもきちんと性能が発揮されるとは限りません。また、Sony製の文字にSonyのドラレコと勘違いしているお客様もいましたが、Sonyはドラレコを発売していないので注意です。

4. 画像が映らなくなる

もはや論外というか、製品不良の何者でも無いのですが、電源の接続は問題ない(つまり、取り付けに問題はない)が、品質の問題で、「電源がいきなり切れる」や、「後側のカメラが映らなくなる」といった、要は不良品があります。ドラレコを取り付ける前に簡単に電源を繋いで製品のチェックをするのですが、箱から取り出したばかりで電源が入らないことや、SDカードが読み込まないなどの不具合が多数あります。配線の途中にあるヒューズが切れているぐらいならヒューズ交換で対処できますが、本体の不具合ですとどうしようもありません。このような不良品は安価なドラレコに非常に多いです。

5. ラジオのノイズ発生 の原因になる

ドライブレコーダーを取り付けてからラジオをつけると、ノイズが走るようになる商品。高品質な商品の場合、ノイズ対策がされているのですが、安価な商品の場合、対策がなされていないことが多くノイズに悩むお客様がいらっしゃいました。また、ナビのGPSがうまく受信できず、現在地の表示が狂うお客様もいました。

6. 後側カメラのライト がミラーの映りを阻害する

後ろ側のカメラにはライトが付いている商品がありますが、ライトをつけると、光が反射してしまい、運転席からバックミラーを通して後側が全く見えなくなってします。昼間の撮影は問題ないのですが、夜間の撮影がうまく行えない事があります。カメラにLEDライトが付いている商品は、LEDの明かりを点けなければ映像が映らない性能のカメラです。そのような商品を選ぶと取り付けた時に映像が映っていなかったなんてこともあるので、注意しましょう。因みに、きちんとした性能のドラレコはLEDの明かりが無くても夜間の映像が綺麗に写りますので、このような不具合は起こりません。

オススメできないドライブレコーダー:取付後の不具合が発生

様々な種類のドライブレコーダーを実際に取り付けてきた僕たちが、実際に取り付け後のトラブルの報告を聞いており、あまりオススメできないドライブレコーダーを紹介します。

メーカーの方には怒られてしまうかもしれません(ごめんなさい!!)が、実際にお客様のトラブルを見てきた素直な評価です。

ただし、いずれも、6,000円前後と非常にリーズナブルです。上記のトラブル発生事例を認識の上で、ご購入される方にはオススメです。

トラブル発生ドラレコ : JpuhouseJP社製ドライブレコーダー

  • メーカー : Joyhouse JP
  • 品番 : B07SL2PHP2
  • 価格 : 6,000円前後
  • Amazonのリンク

トラブル発生ドラレコ : Aisea社製ドライブレコーダー

  • メーカー : Aisea
  • 品番 : B07SRZJK6T
  • 価格 : 6,000円前後
  • Amazonのリンク

トラブル発生ドラレコ : VATENIC社製ドライブレコーダー

  • メーカー : VATENIC
  • 品番 : B07WNW37TK
  • 価格 : 6,000円前後
  • Amazonのリンク

トラブル発生ドラレコ : Chortau社製ドライブレコーダー

  • メーカー : Chortau
  • 品番 : B07SCK6TB1
  • 価格 : 6,000円前後
  • Amazonのリンク

トラブル発生ドラレコ : Anero社製ドライブレコーダー

  • メーカー : Anero
  • 品番 : B07JH7S9YB
  • 価格 : 6,000円前後
  • Amazonのリンク

トラブル発生ドラレコ : SURIA社製ドライブレコーダー

  • メーカー : SURIA
  • 品番 : B07H6DM59F
  • 価格 : 5,000円前後
  • Amazonのリンク

オススメのドライブレコーダー:整備士が品質を保証

最後に、私たちが実際に取付を行い、その品質が素晴らしく、客観的にオススメきるドライブレコーダーの種類は以下の通りです!

いずれも「国産メーカー」で、決して「安い」とは言えません。ですが、安い商品を購入し、結果満足できず買い替えたりするくらいであれば、最初から品質の高い商品を購入するべきでしょう。日本の家電は力を失ってきているのが正直なところですが、ドライブレコーダーに関しては、やはり国産メーカーが間違いありません。

オススメ No.1 : コムテック社製ドライブレコーダー

オススメ No.2 : ユピテル社製ドライブレコーダー

オススメ No.3 : ケンウッド社製ドライブレコーダー

  • メーカー : ケンウッド
  • 品番 : DRV-MR740
  • 価格 : 23,000円前後
  • Amazonのリンク

オススメ No.4 : PAPAGO社製ドライブレコーダー

  • メーカー : PAPAGO
  • 品番 : GoSafe S36GS1
  • 価格 : 20,000円前後
  • Amazonのリンク

オススメ No.5 : CELLSTAR社製ドライブレコーダー

  • メーカー : CELLSTAR
  • 品番 : CSD-790FHG
  • 価格 : 25,000円前後
  • Amazonのリンク

【PR】 Seibiについて

最後に宣伝です。

Seibii(セイビー )では、国家資格を有する整備士・メカニックがお客様のご自宅や職場の駐車場にお伺いし、その場でお車の整備、修理、パーツ取り付けを行います。

お車へのドライブレコーダー、ETC、カーナビといった取り付けから、車の故障診断、バッテリー上がり、バッテリー交換、窓ガラスの油膜取りと撥水加工コーティング、タイヤの付け替えと幅広く実施しています。

◼️Seibiiの出張整備メニュー

カー用品店やディーラーと往復する時間を省いて、お客様の趣味や家事などにご活用いただけます。
また、出張なのに、安価で、プロのメカニックが作業することから高品質のサービスを提供しております。

お客様からのレビュー・評価

◼️Seibiiをご利用頂いたお客様の評価と声
◼️SeibiiのGoogleレビュー

お車のことで何かありましたら、是非、お気軽にご連絡ください!

整備士・整備工場の方々へ

また、一緒に働く整備士・メカニック、整備工場やガレージ経営者の仲間も募集しています!
整備士の未来を作る! お気軽にご連絡ください!

◼️整備士の方々へ