対象車種

この記事の対象車種は、日産 セレナハイブリッドです。

  • 型式:DAA-HC26
  • 年式:2012年8月-2016年9月

通常車より時間がかかるセレナのバッテリー交換作業時間

通常の国産車でしたら10-15分程度で完了しますが、日産 セレナハイブリッドはメインバッテリーと補機バッテリーが搭載されており、バッテリーが1つしか搭載されていないお車より少し時間が掛かり、20-30分程度の作業時間を要します。

日産 - ホームページから
画像引用元:日産 - ホームページから

バッテリーが搭載されている場所

日産 セレナハイブリッドの場合

今回、バッテリー交換の出張作業を実施した日産のセレナハイブリッド の場合、エンジンルームにバッテリーがあります。

メインバッテリーとサブバッテリーの役割

最近の車は、燃費向上のためにあまり発電をしない仕組みになっています。一定量まで充電すると発電をとめ、一定量に足りなくなると充電を再開する「充電制御」を行っています。ハイブリッドの場合でも、発進する時の力をモーターでアシストする機能があります。そのようなクルマには、通常のバッテリーの他にサブバッテリーが搭載されているケースが多く、サブバッテリーで蓄電能力を高めたり、車内の電気部品を動かしたりしています。

メインバッテリー

メインバッテリーの役割はエンジンの始動です。
ハイブリッド車やアイドリングストップが付いている車の場合、一回の走行で何度もエンジンを始動することになります。その為、バッテリーは充放電を繰り返してもきちんとバッテリーの性能が発揮できる専用のバッテリーが取り付けられています。

サブバッテリー

サブバッテリーの役割は補機類への電力の供給です。車というのはエンジンが掛かっている時に発電を行っています。その発電した電力を使用してエアコンやナビ、メーターなどに電力を供給しています。
しかし、信号待ちなどでエンジンが止まるハイブリッド車やアイドリングストップ車は、エンジンが止まっている時も電力を使用しています。
そこで、サブバッテリーが発電していない間の電力を供給することで、電力を賄っています。
信号待ちのたびにナビの画面が消えないのは、サブバッテリーが電力を供給しているからなんですね。

2つも必要なのか?

サブバッテリーはあくまでも補助的に電気を供給しています。このサブバッテリーは本当に必要なのでしょうか?
答えはYESです。
少なくとも日産のセレナには必要です。

ハイブリッド車やアイドリングストップ車で一番避けたい事態は、信号待ちでエンジンが停止した時に、バッテリー上がりでエンジンが掛からないことです。

もし、バッテリーが1つしか付いていないとします。
信号待ちでエンジンが止まるまではバッテリーの電力が十分だったとしますが、長い長い信号待ちでエアコンを付け、TVを見て、シガーソケットでスマホの充電を行い、電力を消耗してしまった時にエンジンを始動するのに必要な電力が足らなくなる可能性が十分にあります。

アイドリングストップの度に、エアコンを切るなんて面倒くさいですよね。
そうならないために、わざと、エンジン始動用のバッテリーと補機類のバッテリーを分けているんですね。

交換時期

メインバッテリーとサブバッテリーは同時に交換すべきなのか?

メインバッテリーとサブバッテリーを同時に交換すると出費が気になりますよね。
実際に、バッテリー交換のご依頼を頂くと、メインバッテリーとサブバッテリーを同時に交換しないとまずいのですか?とご質問を頂くことが御座いますので解説させて頂きます。

結論から先に言うと、「同時に交換すべき」です。

理由は、どちらかのバッテリーが上がってしまうとエンジンが掛からなくなるためです。
バッテリーの寿命は2~4年ほどです。片方が寿命を迎えているとすると、もう一方のバッテリーも寿命を迎えている可能性が高くなります。
せっかくバッテリーを交換したのに、もう一方のバッテリー上がりのせいでエンジンが掛からなくなるなんて馬鹿らしいですよね。
バッテリー交換する場合は、2個一緒に行いましょう。

適合バッテリー

私たちSeibiiでは、BOSHE製のバッテリーを主に使用しています。

日産 セレナハイブリッド(型式:DAA-HC26)の適合バッテリーは以下の通りです。

メインバッテリー

Bosch製のS95がメインバッテリーとして適合します。ハイブリッド車用バッテリーを使用します。

サブバッテリー

Bosch製のS95がメインバッテリーとして適合します。

必要工具

国産車のバッテリー交換は、国産車と比較して必要な工具は少ないです。

メインバッテリーの取り外し・取付

  • バッテリーステーを取り外し
  • マイナスターミナル切り離し
  • プラスターミナル取り外し

必要工具

  • クリップリムーバー
  • ショートメガネレンチ10mm

業者別価格比較(ディーラー vs オートバックス vs Seibii)

ディーラー、オートバックス、出張バッテリー交換業車のSeibiiの3社の値段を比較をしていきましょう。バッテリー代金と工賃を含めた合計金額ベースです。

結論、正規ディーラー:82,655円、オートバックス:55,325円、Seibii:44,800円となります。
Seibiiでバッテリー交換をすると10,000-38,000円もお値打ちになります。

日産正規ディーラー

最も高い選択肢です。正規ディーラーであっても運営元は別企業である為、個別に価格差はあるかもしれませんが、こちらで調査した結果は以下の通りです。持ち込みは基本不可です。応じてくれる場合でも、工賃は高くなることが一般的です。

合計金額:82,655円

  • メインバッテリーとサブバッテリ価格:80,655円
  • 工賃:2,000円
  • 持ち込み:不可

オートバックス

オートバックスはディーラーと比べると少し割安になります。使用しているバッテリーはボッシュ製となります。持ち込みは基本不可です。応じてくれる場合でも、工賃は高くなることが一般的です。

合計金額:55,325円

  • メインバッテリーとサブバッテリ価格:52,025円
  • 工賃:3,300円
  • 持ち込み:不可

出張バッテリー交換のSeibii

Seibii(セイビー)の場合、出張バッテリー交換の価格は以下の通りとなっています。

持ち込みが可能で、その場合でも工賃に変化が無い点が特徴です。

合計金額:44,800円

  • メインバッテリー価格(商品代・工賃・出張費・税込):33,000円
  • サブバッテリー価格(商品代・工賃・出張費・税込):11,800
  • 持ち込み:可能

【PR】 Seibiについて

最後に宣伝です。

Seibii(セイビー )では、国家資格を有する整備士・メカニックがお客様のご自宅や職場の駐車場にお伺いし、その場でお車の整備、修理、パーツ取り付けを行います。

お車へのドライブレコーダー、ETC、カーナビといった取り付けから、車の故障診断、バッテリー上がり、バッテリー交換、窓ガラスの油膜取りと撥水加工コーティング、タイヤの付け替えと幅広く実施しています。

◼️Seibiiの出張整備メニュー

カー用品店やディーラーと往復する時間を省いて、お客様の趣味や家事などにご活用いただけます。
また、出張なのに、安価で、プロのメカニックが作業することから高品質のサービスを提供しております。

◼️Seibiiの出張対応エリア
今回の作業は埼玉県所沢市で実施しました。Seibiiは関東に限らず、全国でサービスを提供しておりますので、別のエリアでも同様の価格でご提供させて頂きます。

お客様からのレビュー・評価

◼️Seibiiをご利用頂いたお客様の評価と声
◼️SeibiiのGoogleレビュー

お車のことで何かありましたら、是非、お気軽にご連絡ください!

整備士・整備工場の方々へ

また、一緒に働く整備士・メカニック、整備工場やガレージ経営者の仲間も募集しています!
整備士の未来を作る! お気軽にご連絡ください!

◼️整備士の方々へ