2つの呼び方:スターターとセルモーター

メーカーの修理書では「スターター・モーター」と記載されており、正式名称と言えるでしょう。
一方、整備修理の現場では「セル・モーター」と呼ぶことが多いです。

スターターモーターとエンジンスターター

一般の方にとって「スターター」というと、後付けアクセサリーで、離れた場所からエンジンをスタートできる「エンジンスターター」のことと思われる方も多数いらっしゃいます。そのスターターと、この記事で記載するスターター (セルモーター)は全く別の製品です。

この記事で解説するスターターは、クルマのエンジンを掛ける為の基本部品として、最初から搭載されている部品のことを指します。

バイクでは「セル」

バイクでは「セル」と呼ぶのが一般的で、スターターとはあまり言いません。
エンジンをかけようとした時にキュルキュル音が言いますが、「セルが回る」という言い方をします。

セルモーターの語源

セルもモーターも英語ですが、このセル・モーターという名称は和製英語で、実は日本でしか使われていません。海外ではスターターモーターと呼ぶのが一般的です。

セル[CELL]の意味いは、細胞や個室ですね。バッテリーの内部はいくつかの個室に分かれていることから、セルという言葉も使われます。

ただ、なぜセル・モーターと言うのかは不明です。

この記事ではスターター・モーターに統一して呼んでいきます

スターター・モーターの役割と仕組み

スターター・モーターの役割

スターター・モーターとはエンジンに付いている部品です。

スターター・モーターの役割はエンジンを始動させる事ですが、正確に言えば、エンジンを回すのが本来の役割となります。

また、取り付け場所も正確にはエンジンとトランスミッションの間に付いています。

エンジンが掛かる時に「キュルキュル」言いますが、これはスターター・モーターがエンジンを回しているときの音になります。

スターターがエンジンを回転させて、初めてエンジンが始動出来るのです。

スターター・モーターの作動

スターター・モーターは、その名の通り「モーター」です。電気を流すとモーターが回り始めますが、エンジンが始動するとその役割を終えるため、ずっと回り続けるわけではありません。

そのため、エンジンを始動するときだけ、ギヤが飛び出て回る仕組みとなっています。

エンジンの始動とは何か

「エンジンの始動」というのは、自立してエンジンが回転し始める事を指します。

下記の動画はエンジン内部の動画になります。

一度回転を初めたエンジンは、燃料が尽きるまで回転し続けることができます。
自立してエンジンが回転するとはこの事です。

しかし、最初に何かしらの手段でエンジンを回転させなければ、エンジンは動くことが出来ないのです。

そこで、スターター・モーターを使いエンジンを回転させ、エンジンを始動させるのです。

スターター・モーターの種類

スターター・モーターの種類は基本的に2つです。

  • ピニオン摺動式
  • レブリダクション式

ピニオン摺動式

ピニオン摺動式スターター・モーターはモーターの回転をそのまま、エンジンへ伝えるタイプになります。
--2

主に小型車やバイクに使われます。

レブリダクション式スターター・モーター

レブリダクション式スターター・モーターはモーターの回転を減速する機構が付いています。

例えば、同じモーターを使用したとして、ピニオン摺動式が100回るとしたら、リダクション式は20回転しか回りません。

これはモーターの後ろにギヤを追加して、回転数を落としているからです。
自転車の1段目のギヤと同じで、回転数を落とすことで、小さい力で大きな回転力を生み出しています。

g3103
ドライブギヤというのがモーターの回転になります。そして、ピニオンと書いてある部品がエンジンを実際に回すためのギヤになります。
この2つの間に入っているギヤで回転数を減速させます。

利点

レブリダクション式スターター・モーターの利点は小型でパワフルな点です。

ピニオン摺動式と同じモーターならば3~6倍ほどパワフルになります。
逆にピニオン摺動式と同じ出力を出すならばモーターを小さくすることが出来ます。

スターターを使用しないエンジン始動方法

キックや押しがけ

車を押してエンジンを掛ける様子を見たことありませんか?このバイクのキックやエンジン押し掛けなどもスターター・モーターの原理と一緒です。ただし、これらはエンジンをモーターでは無く、人力や、タイヤの回転を利用してエンジンを回転させているのです。

草刈機や発電機で、紐を引っ張ってエンジンを始動させるものがありますが、こちらも同様です。
こまの要領で、エンジンに巻き付いた紐を引っ張ることで、エンジンを回転させているのです。

発電機と兼用

モーターは電気を流すと回りますが、反対にモーターを回すと電気が発生します。自転車でタイヤの回転を利用するライトがありますが、これはタイヤの回転を利用して発電し、ライトを点けています。

この特性を利用し、自動車に付いている発電機とスターター・モーターを兼用して利用するシステムもあります。

日産のエコモーターやスズキのISGは車の発電機(オルタネーター)とスターター・モーターを兼用しています。

また、トヨタのハイブリッド車などはハイブリッドシステムの中にエンジン始動装置が組み込まれています。
上記に挙げたスターター・モーターの形はとっていませんが、エンジンを始動するという役割はどれも同じとなっています。

グローブボックス

スターター・モーターが発明されていない時代の自動車は手でエンジンを始動させていました。

エンジンに繋がったシャフトを、手で頑張って回してエンジンを掛けます。
この時、手に装着していたグローブを保管する箱を助手席に作りました。
これがグローブボックスです。
車検証などを入れている方が多いですが、昔はほんとにグローブを入れていたんですね。

故障時の症状と原因

症状2つ - 一般視点

スターター・モーターの故障・不具合の症状は2つです。

  1. エンジンが掛からない
  2. 異音がする

症状3つ - メカニック視点

整備士がセルモーターの故障診断をする際は、3つの症状から判断します。

  1. キーを回しても(エンジンスタートスイッチを押しても)何も反応が無い
  2. キーを回すと(エンジンスタートスイッチを押すと)カチッという音だけする
  3. エンジンは掛かるがスターターが回り続ける(オーバーラン)

これらは一般のドライバーが知っている必要はないので大丈夫です!

スターター・モーター故障の原因

スターター・モーターが壊れる原因は2つです。

  1. 内部の故障
  2. 寿命

スターターは複雑な回路は持っていませんが、大きな負荷が内部に掛かるため壊れてしまいます。

また、スターター・モーターは消耗部品です。車の使用を続けていくと、内部の部品が摩耗し寿命を迎えてしまいます。

故障原因1) 内部の故障

スターター・モーターの内部ではモーターを回すための回路とギヤを動かすための回路があります。
g3107
この回路の中にはコイルやスイッチなどがあり、コイルが断線したり、スイッチの接触が悪くなったりして、回路が壊れてしまいます。

故障原因2) 寿命

スターター・モーターの交換目安は「10年」もしくは「10万キロ」です。

そしてこの寿命は、スターター・モーター内部にあるブラシの摩耗によって起こります。

ブラシとはモーターに電気を流す部品になるのですが、回転しているモーターに電気を流すため、接触部分であるブラシはどんどんと摩耗していきます。
---
ブラシはわざと柔らかい素材でできています。そうでないと、モーターのほうが削れて摩耗してしまうからです。

このブラシがモーターと接触できなくなるなるまで摩耗すると、スターター・モーターの寿命を迎える事になります。

ただし、このブラシは交換できるようになっているので、ブラシを交換すると、またスターターは動くようになります。

「叩くと動く」は本当か

スターター・モーターが壊れた時に叩くと動くようになることがあります。
これは、ブラシがうまくモーターに接触していなかったのが、叩いたことによってブラシが動きモーターに接触し、モーターに電気が流れるためです。

ただし、あくまでも応急処置なので、スターター・モーターの修理/交換をおすすめします。

修理・交換の方法と費用

スターター・モーターは、上述の通り消耗品ですので、自動車部品の中でも交換する頻度が高い部品です。

修理・交換費用の目安

費用の目安は3万~15万円です。
金額に開きがあるのは、エンジンの大きさによってスターター・モーターの種類・性能が変わってくるためです。

修理の選択肢

スターター・モーターが壊れた場合、修理には3つの方法があります。

  1. 新品と交換する
  2. リビルト品と交換する
  3. 壊れたスターター・モーターを修理・オーバーホールする

オススメはリビルト部品との交換

新品との交換は一番高く費用がつきます。メーカーの純正品は、利益が多く載っている為、どうしても高くなるのです。
3目の選択肢である「スターター・モーターの修理・オーバーホール」は最も安く済みます。しかし、修理する箇所やオーバーホールの内容によって金額が変わりますし、交換せずに部品を修理する為、時間が掛かるのが難点です。

最もオススメなのは、3つ目の選択肢「リビルト部品との交換」です。リビルトは、新品同様の品質で製品保証がつく為安心、費用は新品の半分程度ど、お財布にも優しく、おすすめの修理内容です。

スターターモーターの修理・交換業者

スターターモーターの交換・修理の場合、大きく4つの選択肢があるでしょう。

  1. ディーラー
  2. 街の整備工場
  3. オートバックス等カー用品店
  4. 出張整備・修理のSeibii

高いディーラー

ディーラーは高いです。車種によりまちまちですが、最も高い選択肢です。基本はメーカー純正新品を使用し、リビルト品の選択肢がある場合でも、工賃が高くつきます。

街の整備工場

整備工場にとってスターターモーターの交換は得意作業です。但し、作業品質や価格に関しては、千差万別の為、個別に問い合わせ、確認する必要があります。

オートバックス

オートバックスのうような小売・量販店では、スターターモーターの様な本格的な部品の交換・修理は難しいでしょう。スターターモーターは車種により搭載されている種類が異なり、小売店では全ての品番を在庫しておくことが難しいからです。

出張整備・修理のSeibii

Seibiiでは製品保証(2年/40,000km)つきのリビルト品を使用したスターターモーター(セルモーター)の交換を、出張で実施しております。価格が安く、整備士が出張で対応してくれる便利な業者です。

  1. 国産軽自動車:44,000円(部品代、出張代、工賃込み)
  2. 国産普通車:55,000円(部品代、出張代、工賃込み)
  3. 輸入車:44,000円(出張代、工賃込み) - 部品代は車種により大きく変動する為別

【番外】 バッテリー上がりとの違い

スターター・モーター故障の症状に「エンジンが掛からない」と説明しましたが、その症状で最も多い原因は「バッテリー上がり」です。

「エンジンが掛からない」症状が出た場合、バッテリー上がりの場合とスターターの故障の場合、以下の違いがあります。

バッテリー上がりの場合

  1. ナビやメーターなどの電装品が作動しない
  2. バッテリー上がり:ジャンピングでエンジンが掛かる

スターターモーター故障の場合

  1. エンジンが掛かったり掛からなっかたりする
  2. キーを回したとき、異音がする