法律・制度

車に関連する法律や制度に関する記事

【おすすめランキング】後付け急発進抑制・アクセル ブレーキ踏み間違え防止装置 - 全7商品徹底比較
法律・制度

【おすすめランキング】後付け急発進抑制・アクセル ブレーキ踏み間違え防止装置 - 全7商品徹底比較

社会課題である高齢者ドライバーによる車のペダル踏み間違いによる事故。事故を軽減するための「急発進抑制装置」「アクセル・ブレーキ踏み間違え防止装置」が多数販売されています。この記事では、国からの認定を受けた製品で、補助金を受けることができる全7製品の特徴と価格を比較し、オススメ順に紹介します。

  • Seibii
    Seibii
【補助金でます】 アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置
法律・制度

【補助金でます】 アクセル ブレーキ踏み間違い防止・急発進抑制装置

増加する車のペダル(ブレーキ・アクセル)踏み間違いによる事故。この社会課題を解決する「後付け急発進抑制・ペダル踏み間違い装置」や「安全運転サポート車」が販売され始めました。国として、普及を後押しするべく、それらの購入に対する補助金交付(サポカー補助金)が2020年3月9日購入分から開始されています(予算消化次第終了)。この記事では、補助金を受ける為の条件などについて纏めました。

  • Seibii
    Seibii
特定整備 - 内容と事業者への影響
自動車整備産業

特定整備 - 内容と事業者への影響

「特定整備制度」が2019年5月に公布、2020年4月に施行されました。これにより、分解整備の【範囲が拡大】し【対象装置の追加】がなされ、その名称を「特定整備」と改めることとなりました。「特定整備」の許可を得た事業者のみ、特定整備で定義される作業を実施することができます。この点は従来の分解整備と変わりません。この特定整備制度、消費者はもとより、自動車整備業を営む方々や自動車整備士に大きな変化を及ぼします。その一方で、新制度への過渡期でもあり、特定整備に関する情報が理解し難いところがあります。そこで、特定整備に関する内容、背景、私たち事業者への影響を纏めました。

  • Seibii
    Seibii
自動車整備業界の基本 - 市場規模と収益性
自動車整備産業

自動車整備業界の基本 - 市場規模と収益性

日本中を走る8,000万台の車。それら車の安全は、54万人の従事者と、9万2,000もの整備工場で構成される「自動車整備産業」に支えられており、整備売上(市場規模)は5.6兆円と巨大です。一般的に、自動車整備産業は斜陽産業と見做されることが多いのですが、この記事では、自動車整備産業の業種別売上高・市場規模やその推移、収益性などについて、数字をベースに解説していきます。

  • Seibii
    Seibii
自動車整備業界の基本 - 工場数と従事者
自動車整備産業

自動車整備業界の基本 - 工場数と従事者

自動車整備業界は、9万2千もの工場、54万人もの人たちが働いている大きく重要な産業です。自動車整備業界について理解しようと思うと、2020年4月に施行された特定整備(分解整備、電子制御装置整備)、指定工場(民間車検場)、認定工場など、日常生活では馴染みの薄い単語を理解する必要が出てきます。この記事では、最新統計(2019年)の工場数、従事者数、整備士平均年齢の観点から自動車整備産業の外観を整理していきます。

  • Seibii
    Seibii